医学部の学士編入

医学部,偏差値,国立大学,私立大学



医学部に合格するための人気マニュアルランキングは、医学部受験勉強法の教材ランキングをご参考にしてください。

医学部の学士編入について

医学部の学士編入とは?

医学部の学士編入という言葉を聞いた事がありますか?医学部の学士編入とは、大学卒業者が希望する大学医学部の2〜3年次に編入学する制度のことです。自分の学んだ事をいかし、さらに学びたいという学生が利用する制度です。

 

この制度はアメリカのメディカル・スクールを参考にしたシステムです。最初に行なわれたのは1975年で、大阪大で導入されました。さらに、群馬大、島根医科大(現島根大)などが後に続き、医学部の学士編入を導入したのです。

学士編入の特徴

医学部の学士編入の特徴はどんなところにあるのでしょうか?医学部の学士編入の試験は、一般入試に比べて試験科目が少なく、文系学部出身者や社会人にとってもチャレンジしやすいというのが特徴です。

 

しかし、だからといって簡単に試験に通れるわけではありません。各大学5〜10名程度の定員枠に多くの受験者が殺到しているのが現状です。そのような非常に高倍率に加えて、英語や生命科学、自然科学などのしっかりした学力を問われる事になりますから、まさに超難関試験と言えるでしょう。

 

学士編入の準備時期

この医学部の学士編入を希望する際には、試験の時期をはっきり把握して、それに向けた準備が必要です。国立大では8月までに約72パーセントの大学で試験が始まっています。

 

ですから、自分の編入したい大学の試験時期を把握した上で、その試験時期までに受験勉強を完成させておかなければならないわけです。非常にしっかりとした準備が必要になってきます。

スポンサード リンク


医学部,学士編入,試験,時期 医学部,学士編入,試験,時期 医学部,学士編入,試験,時期