社会人 医学部受験

医学部,偏差値,国立大学,私立大学



医学部に合格するための人気マニュアルランキングは、医学部受験勉強法の教材ランキングをご参考にしてください。

社会人の医学部受験情報

医学部の社会人受験

医学部を社会人が受験するという事は、不可能に思えるかもしれません。しかし、実際に社会人から医学部を受験して、医師を目指すという人もいないわけではありません。

 

医学部の学士編入という制度を使えば、2年か3年から編入する事も可能なわけです。もちろん、若い時にたくさんの事を覚えたほうがいいのですが、経験を積んだ社会人からの医師への道も長所はあるのではないでしょうか。

医学部の学士編入は超難関

医学部の学士編入についてですが、試験は非常に高倍率で簡単な試験ではありません。ですから、しっかりとした試験や受験への準備が必要です。

 

現在、国立大と私立大を合わせて37を超える大学(うち国立大学が約28校)の医学部が学士編入試験を実施しています。

 

そして、その試験時期はその学校によって違いますが、例えば2007年度試験の時期を参考にしてみると、福井大学、浜松医科大や香川大では既に5月末には試験が始っています。さらに国立大では8月までに全体の約72%で試験が始まっています。

 

という事は、できれば受験を考えている年の春までに試験対策を完了している方がいいでしょう。医学部に社会人から入るわけですから、時間のコントロールをしっかりして対策をしましょう。

 

社会人が受ける医学部試験

医学部を目指す社会人が受ける試験ですが、1次「書類審査」→2次「学科試験」→3次「面接(集団討論)」という形か、または1次「学科試験」→2次「(小論文・)面接(集団討論)」という方法が主流となっています。

 

ちなみに学科試験の内容は「英語」「小論文」「生命科学(自然科学)」などが中心になってきます。特に数学、物理、化学については、一部にかなり高度な内容、レベルまで出題する大学もあるので注意が必要です。

スポンサード リンク


医学部,社会人,試験,学士編入 医学部,社会人,試験,学士編入 医学部,社会人,試験,学士編入